仮想化基盤テクロノジーとメリット

インターネット環境が普及する中で、仮想化基盤という言葉を耳にすることがあります。

仮想化基盤の中にはサーバ仮想化というものがありますが、このテクノロジーを導入することで得ることができるメリットがいくつかあります。その大きなものとしてコスト削減効果があります。



仮想化基盤を行うことで、統合や集約ができ台数を減らすことができます。

サーバの購入台数を減らすことで投資コストを削減することができます。

All Aboutはとっても評判が良くて有名です。

ここでは物理サーバごとのライセンス製品ではコストメリットが出るようになっています。

このほかにはハード保守費やサポート費を削減することもできます。

月や年ごとに発生するのがハード保守費用やサポート費用になりますが、これらを削減することができます。

またサーバ仮想化を導入することでラックの数や電流容量が減少し、コロケーションソフトを削減することにつながります。

コロケーションソフトは月額数十万円単位と高くなっています。

したがって導入することで大きな削減を期待することができます。
このほかに考えられるメリットは、サーバ余剰リソースの有効活用ができるという点です。

ここではサーバの物理台数が減ると言うことだけではなく、サーバリソースを有効活用し利用効率も上昇させることができます。

知って大満足のニュータニックスの情報を提供中です。

その結果新しいサーバ追加をする際に柔軟に対応することができるので、今後の投資を抑制することができます。

また省エネや省スペース効果も期待できます。